自由が丘いでぐち歯科クリニックTOPへ戻る
自由が丘いでぐち歯科クリニック
自由が丘いでぐち歯科クリニック Concept
治療方針

Aaa=幸福につながる 3つのA
治療方針
※自由が丘いでぐち歯科クリニックのロゴマークとして表現しています。
 

〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜  当院の治療に対する考え方   〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 〜 ・ 
治療方針の決定は非常にむずかしいものがあり、私達歯科スタッフはよく悩むことがあります。なぜなら患者様の同意や納得・満足のゆく治療内容が必ずしも医学的には最良ではない場合が多々あるからです。それは保険診療には大きな制約・限界があり、いい治療を提供させていただきたくても不可能なことがあります。良い材料・技術を最大限に治療に適応したい場合、当院では私達が考える最良の治療を提供させていただくために、保険外治療をお勧め・提案する場合が あります。

診療の流れ(全体像)

診療の流れ(全体像) 診療の流れ(全体像)
  応急処置   初期治療   再評価・定期検診
  診査   確定治療   リコール
  問題点の抽出            
  診断・治療計画            

特徴

■予約・計画治療―■短期・集約治療―■高度な治療を可能
特徴
■ 確かなコミュニケーションを大切にし、歯科医学の正しい知識をお伝えします。保険、自由診療の上手な活用をおすすめします。  
■ 裸眼では認識しにくい細部を拡大し、精密治療を行っています。  
■ 痛みも少なく、治癒も早いレーザー治療を取り入れています。  
■ 患者様のご希望に沿ったムリ、ムダのない治療を選択します。  

■ 定期健診は必ずおすすめしております。歯科疾患は歯磨きによりコントロールすることができます。虫歯や歯周病を予防するためにそのプラークコントロールが必要です。ブラッシングが的確にできているかが第一です。プラーク(細菌)を機械的・化学的に減らしていきます。その方法を患者さまに伝え、セルフケアを確実にします。ただ、ブラッシングだけではコントロールできないバイオフィルムの破壊・除去のためプロフェッショナルケアが必要になります。それには超音波によるクリーニングが効果的です。医科と比べ、歯科においてはより定期健診の重要性があるといえます。また最近では歯科疾患特に歯周病が全身に及ぼす影響があることがわかっております。生活習慣病の一つの考えられている所以です。皆様の健康を考えるには予防という概念を見直しましょう。治療と同じくらいに予防することが肝要です。患者様と協力しあい、口腔だけではなく全身の健康維持・増進のため、治療後の第三次予防まで一緒にメンテナンスしていきましょう。

■従来の一般歯科に加え、インプラント・審美セラミック・ホワイトニング・歯列矯正を効果的に組み合わせることにより、短期集中にて高度な治療が可能になります。20年以上の臨床経験で培った技術と知識を患者さまに。お悩みの解決につながれば幸いです。

■あなたの歯は大丈夫ですか?今までの治療は大丈夫?
予防・治療の両面から大切な歯をお守りします。

80歳で20本という目標の8020運動、現実は半分くらい。第一に、定期健診。第二に、治療の質。
その基本が正確な診断と技術や経験にあります。自分の歯を出来るだけきれいに長持ちさせられるか?それが歯医者の手腕です。

歯科の分野にはインプラント・審美治療・歯周病・むし歯・ホワイトニング・がん検診・親知らず・義歯・歯軋り等々色々あります。
例えば、口内炎、つらいです。そんな時、レーザー治療。即効性で治癒へ。初めて聞いた?
治療は怖いし。痛いのは耐えられない。でも治療しないと。。。笑気ガスがあれば?
麻酔が苦手。注射の上手なやり方があるって本当?
抜かないとダメな歯、例えば浮遊歯をいつまでも抜かないで残しておくと大変なことに?
抜いてくれと頼んだのに。。。抜いた方がいいと言われなかった。。。。
逆に、抜かないで治せる歯を抜いた?
インプラント・義歯・ブリッジ・差し歯etc? 自分に合うのはどれ?歯肉・歯・骨は異常ない?
前がん病変といわれる口腔粘膜疾患に気づかない?指摘されなかった。。。。
金属アレルギーが疑わしい。どんな素材の歯なんだろう?
むし歯があるのに発見できない。痛みがないから大丈夫?細かく検査できてる?
レントゲンはデジタル?画像処理はきれい?
自分の歯の写真見たことある?むし歯はどんな大きさ?進行度は?
歯周病の治療が不完全。きちんと歯石取れてる?
チェックは衛生士さんやスタッフにまかせっきりで大丈夫?
ブラッシングは自己流?セルフケアーは完璧?磨き残しがあるかも?
フロスや歯間ブラシは使ってない。。。
どうして定期健診は必要なの?
むし歯・歯槽膿漏になりやすい人はいるの?どうして予防できるの?
歯が磨り減ってない?その歯は放置?治さないでいいの?
ひびがある歯はどうしたらいいの?
マウスピースは必要?歯軋りがある?
親知らずはそのままで本当にいいの?
歯並びは将来だいじょうぶ?
顔が曲がってない?
顎が痛いんだけど?口が開けにくいなあ。。。
歯が白くなるとやっぱりいいかな?全然変わる?
治療もっと早く・安くできないかな?いい方法ないかな?
今、私にとって一番必要な治療はなに?
将来、わたしの歯はどうなるの?

こんな疑問ありませんか?意外と知らないこと結構多いかも!
早く知ってほしい。歯の常識お答えします。歯のお悩みスッキリ。
健康のお役に立てれば幸いです。

質問@:早く治したいけど治療の時間・回数が少なくできないか?
お答えします。可能です。おそらく患者さまが予想されるよりも全然、早く終わります。
まず、状態をしっかり把握します。診査・診断です。患者様のご希望と照らし合わせます。
特に治療が複雑になっている場合、治療の優先順位を決定し、最短での治療内容・方法を組み合わせ、期間や費用の目安をお話します。それには今までの経験による総合力とアイデアが大切です。
遠方から飛行機で通院される場合、みなさんは羽田からタクシーで乗り付けられます。2時間3時間4時間治療や宿泊ということもあります。患者さまの多様なニーズに対応可能できることは自由が丘いでぐち歯科クリニックの長所と考えています。

質問A:安く良い治療ができないか?
お答えします。保険治療でも院長が丁寧に診察・治療します。また、自由診療の場合、保険治療を組み合わせたり、コストを低くする工夫がいろいろあります。無駄な治療をせず、将来を考え、必要な治療を良心的な費用でご提示します。ご安心下さい

             読んでいただき誠にありがとうございます。      
             ぜひ、ご参考にしてみて下さい。          院長 井手口 栄二 

ページトップへ